あなたのカラダの専門家として全力でサポート!

ひどい腰痛・坐骨神経痛・肩こりから楽なカラダへ

何もないところで何故つまずくの!?つまずかない歩き方をするためのたった1つの方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。大阪京橋の整骨院ASCメディカルラボ院長 神野甯世*かんのやすよ*です。「わかりやすい!知って得するカラダのハナシ」へようこそ!今日のテーマはコチラ!何もないところで何故つまづくの!?つまずかない歩き方をするためのたった1つの方法についてお話しますね。

当院でもよく質問されます。

「先生、私よくつまずくのですが筋力がないのでしょうか?しっかり段差があるから気をつけようと思ってもつまずくんです。」

つまずきやすいのは筋力がないせい?

筋力がない…。いいえそれが理由ではありません。

あなたの足の指先はしっかり動きますか?足首も動かせますか?

つまずいた後、体勢を立て直せますか?

しっかり動かせるのでしたら、つまずくのは筋力のせいではありません。

勿論、足の筋肉を動かす神経が傷つき働かなくなると、筋力が衰えつまずく事もあるでしょう。しかしその時には、明らかに動かしにさを感じますし、筋肉も痩せてきます。

あなたの足をみてみましょう。左右の足で違いはありますか?

特別痩せた筋肉もなければ、動かしにくさもない。

それならば、筋トレをしても一緒ですよね。つまずくのは筋力の弱さが原因ではありません。

つまずくのは筋力が原因ではなく○○のせい

では、どうしてつまずくのでしょうか?

ポイントはあなたが意識している事にあります。

つまずかないように、とあなたはどんな事に気をつけるのでしょうか?

つまずく時はつま先がひっっかりますよね?それでつい、つま先をもちあげようと意識していませんか?。実はそのつま先をもちあげようとする意識が、つまずきやすい歩き方になる理由の1つなんです。

つまづかないように意識するとつまずく理由

つま先をぐいと持ち上げると、足全体の前側の筋肉が収縮し緊張します。逆に足の後側の筋肉は伸ばされて緊張します。

足の前も後ろも緊張が高くなると、足はスムーズな動きができなくなりますよね。

動かそうにも筋肉の緊張により足が強張り、持ち上げにくくなります。

足を高くあげようと意識した事により、高く上げるのを邪魔してしまうなんて。驚きですよね。

つまずかないように歩くために意識することは?

膝を軽く持ち上げる…だけを意識してください。

つま先はダランと下を向いてて構いません。むしろ、つま先がダランと下を向いている時の方が膝・股関節は曲がりやすく、結果足先も床から高く持ち上げる事ができます。

あなたがもし、ご年配の方の歩行介助をされることがあるのなら、

段差を目の前にして

「おばあちゃん、段差あるから足が引っかからないよう足を高く上げて~~」ではなく

「ゆっくり膝を曲げて持ち上げていこうか。はい、またぐよ~~」と焦らせないよう、やさしく声掛けをしてあげてくださいね。

気合を入れて、足先をもちあげようとしたら逆効果ですからね。

いかがでしょうか?つまずかないための歩き方のコツ、わかりましたでしょうか?

体全体をともかくリラックス。余計な力みを無くして最小限の筋肉を使って動けば、ケガや疾患に悩まされることはほとんどなくなります。

つま先はダランと力を抜いて膝と股関節を曲げ、足を持ち上げ歩く練習。是非みなさんも実践しててくださいね。

もし質問などありましたら遠慮なくコメントくださいね。

 

歩き方・姿勢の改善なら大阪京橋の整骨院ASCメディカルラボへどうぞ!

大阪市都島区・旭区・鶴見区・城東区・中央区で女性専用治療院・整体院・整骨院をお探しなら地下鉄京橋駅から徒歩3分の女性のための治療院ASC(エーエスシー)メディカルラボへどうぞ。スタッフも女性のみ。
皆さんに【安心】と【健康】を提供させていただきます。
当院は、京都・神戸・堺などの遠方の患者さまも通いやすいようにと交通の便のいい京橋駅を拠点としました。現在・京都伏見区・京都府宇治市・神戸市垂水区・東大阪市・堺市・和歌山市からも通院されています。
ASCメディカルラボ院長 神野甯世(かんのやすよ)

 

大阪市都島区東野田町1-21-7 富士林プラザ10番館702号    地下鉄京橋駅1番出口から徒歩2分!

この記事を書いている人 - WRITER -
女性専用 完全予約制

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 大阪京橋の女性専用整骨院ASCメディカルラボ , 2017 All Rights Reserved.