あなたのカラダの専門家として全力でサポート!

ひどい腰痛・坐骨神経痛・肩こりから楽なカラダへ

世界の村で発見!こんなところに患者さん♪~TV出演されました~

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。大阪京橋の整骨院ASCメディカルラボ院長 神野甯世*かんのやすよ*です。つい先日放映された「世界の村で発見!こんなところに日本人」で現在ケニアで活躍されている深田真理子さんが出演されました。深田さんは日本在住時、ウルトラマラソンなどハードなマラソン大会に出場されており、メンテナンスのため当院でのASC治療を受けられていた患者さまです。

「先生、放送日が決まったのでよかったら見てください」

と遠いケニアの地からメッセージを頂き、早速録画予約!

私が治療を担当させていただいていた当時も、深田さんは私の常識の範囲を大きく上回られるので「ええ~~~~~!!」と驚かせていただくことの連続でした。今回放送された番組から、深田さんがとても広い視野と豊かな感性をお持ちな理由がわかったような気がします。なぜ世界の村に深田さんがいらっしゃるのか?気になる方は是非読んで下さいね!

ケニアのカルチョプワ村で道路工事?

千原兄弟のせいじさんが目を丸くして「何してんのぉー?」と深田さんに声をかけられるシーンから始まりました。それもそのはず細身の日本人女性が、炎天下の中スコップで土を掘ったり「土のう」を運んだりと肉体労働をされているんですから。それも遠い遠いケニアの地で…。

カルチョプア村の方々と力を合わせ道路の補修作業をされていた深田さん。せいじさんが「この現場の指導係なんやね?」の質問に、深田さんは笑顔で「一緒にやらせていただいてるんです」と答えていらっしゃいました。

村に住む人々の力で生活を豊かに

深田さんが所属されているNPO法人道普請人(みちぶしんびと)「開発途上国の問題は現地に適したやり方でそこの住む人々自身で解決していく」の実現を目指され、様々な支援活動をされています。土と袋があればできる道路修繕法。①凸凹になった道路を②四角い形に掘り直し③その穴に土のうをきれいに敷き詰め、上から圧をかけ固めていきます。④土のうを踏み固めできた道路はちょっとやそっとじゃ傷みません!

なるほど!この方法なら、特別な機器がなくても現地にあるモノと現地の方々の力で、インフラ整備をすることができるんですね。

なぜケニアなのか?

日本に生まれ育った深田さんが何故、ケニアでご活躍されているのでしょうか?

深田さんは幼い頃から家族旅行で色んな国を訪れたそうです。旅行中、道で寝ている現地の子供達を見て「生まれた国でどうしてこんなに生活が変わるのか?」と疑問を持たれ、発展途上国が抱える問題に目を向けられました。大学生の時には青年海外協力隊員として2年間ジンバブエへ。現地の子供達と一緒に生活をしながら小学校で水泳を教えられていたのですが、慣れない土地での共同生活…深田さんには耐えらない事があり、一度逃げ出された事がありました。しかし、逃げ出そうと向かったバス停ではあるご家族が深田さんを待っていました。

ケニアへの恩返し

深田さんを待っていたのは、決して裕福ではない現地のご家族でした。

「そんなにツライなら、私たちの家においでよ。あなた用に毛布も買ってきたよ。」

自分たち家族の生活を守ることだけでも大変なはずです。しかしそんな状況でも深田さんの悲しみに寄り添い、お声掛けされました。深田さんはとても感激され、「どうお礼していいかわからない」と伝えると

「私たちにお礼はいらないよ。もしお礼をしたいのなら、また他の誰かのために何かをしてあげて」

この言葉に深田さんはまたケニアに恩返ししにくるんだ!と決意されたそうなんですが、この番組を見ていた私のココロもズキュー-ン!!とやられちゃいました。何でしょう…つい自分への直接的な見返りを期待してしまった過去の私の行動を猛反省いたしました。小学生の時のバレンタインチョコなんて98%見返り目的でしたもんね。懐かしいです。

生活だけでなく言葉や肌の色が違うと、何となく私達と考え方も違うんだ、と思いがちです。しかし、遠い異国の地のご家族から、思いやりや優しさを教えていただき、私にとってもジンバブエの方々がぐんと近い存在になりました。

ケニアと日本~国が意味するもの~

深田さんは番組の最後にこんな事も仰ってました。

「ケニアの方々にとって日本は、トヨタの国・ソニーの国なんです。でも今は違います。日本は深田真理子が育った国なんです。私にとっても、ケニアは野生動物の国ではなく、〇〇さんがいる国に変わりました。もう、ケニアでの出来事も日本での出来事も他人事ではなくなったんです。大切な友人のいる国なんです。」

国と国が、人と人に変わるだけでこんなに隣国を思いやれる気持ちになれる、世界平和のための大事な考え方も教えていただきました。

深田さんは数年前に社会の臨時講師をされていたのですが、こんな世界規模の経験とお考えをお持ちの深田先生から学ぶ機会のあった生徒さんがとても羨ましく思いましたよ。

深田さんのこれからのご活躍、心から応援しております!また日本に戻られた際には色々とお話を聞かせてくださいね!

 

患者さんから学ばせていただきました!ASCメディカルラボ

大阪市都島区・旭区・鶴見区・城東区・中央区で女性専用治療院をお探しなら地下鉄京橋駅から徒歩3分の女性のための治療院ASC(エーエスシー)メディカルラボへどうぞ。スタッフも女性のみ。
皆さんに【安心】と【健康】を提供させていただきます。
当院は、京都・神戸・堺などの遠方の患者さまも通いやすいようにと交通の便のいい京橋駅を拠点としました。現在・京都伏見区・京都府宇治市・神戸市垂水区・東大阪市・堺市・和歌山市からも通院されています。
    ASCメディカルラボ院長 神野甯世(かんのやすよ)

 

大阪市都島区東野田町1-21-7 富士林プラザ10番館702号    地下鉄京橋駅1番出口から徒歩2分!

この記事を書いている人 - WRITER -
女性専用 完全予約制

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です